プロデューサーレター vol.19

「メギド72」プロデューサーから皆さまへのメッセージです。

2019/07/29 19:30
いつもプレイしていただき、ありがとうございます。
プロデューサーの宮前です。

今回のレターは次回のイベント「魔獅子と聖女と吸血鬼」とそのイベントで召喚できるイポス(カウンター)のサブストーリーについてのご連絡です。

イベント「魔獅子と聖女と吸血鬼」について

実は次回のイベントのストーリーやそこで召喚できるイポス(カウンター)のサブストーリーでは、登場キャラクターの狂気的な内面や残忍な表現が含まれております。
そのため、そういった内容に対し、心理的に距離をとりたいと感じるお客様は、イベントでのストーリーをスキップし、バトルやアイテム取得などのゲーム要素をお楽しみください。また、「記憶の欠片」を使用したイポス(カウンター)ストーリーの解放も、お控えいただければと思います。

この度、このようなことをお伝えする経緯として、昨今起きた痛ましい事件があります。 あのような大惨事が起きてしまって間もないこともあり、心を痛めている方も多いと思います。
このニュースについては、私もいつもと違った気持ちで受け止めました。私はゲーム業界でキャリアを積んだこともあり、アニメーション関係に知り合いは多くはありません。ただ、報道を見る度に言葉にできない感情になりました。
同じエンタメ作品を生み出す仲間が、あのような事件に巻き込まれたことに憤りと無念さ、悲しみを感じています。

アニメファンを含めた関係者の方々に心の平穏が取り戻せるのに時間がかかると思いますが、できるだけ近いうちに、精神的な日常が取り戻せることをお祈りいたします。

メギド72の世界観

メギド72についてのお話に戻ります。メギド72は運営型のサービスではありますが、継続型のエンタメ作品だとも考えています。プレイヤーが有するキャラクターやアイテムなどを強化しながらバトルを攻略し、進捗していくスタイルですが、そこに世界観やストーリーが交じり合って、よりおもしろさが感じられるよう設計されています。
そのため、メギド72のエンタメ作品としての魅力に、世界観を切り離すことはできません。

この世界観ですが、オリジナルのものではありますが、地球上でいうと中世の民俗や文化、技術、知的レベルをモチーフにして製作しております。フォトンに恵まれ、生産や経済としては安定しつつも、暴力的で排他的な思考が残るところもあり、ハルマゲドンの危機でより混沌とし始めた舞台背景があります。
この世界で行われる営みや事件は、現在の我々の思考よりも短絡的で、狂気的な部分は多々あります。身勝手な理由や、力の誇示のための言動があり、そうした理不尽に思われる行為やそれに関わる心情を事件に絡めて描いております。そうした要素は、これまでも描いておりましたし、これからも描く必要があります。
規模の大小関わらず、事件があり、そこでのキャラクターの言動や心の機微を描くことで、登場キャラクターやストーリーの魅力を作っているからです。
この流れの中で、反感や共感、笑いや勇気などの感情が得られることを目指して制作をしております。ここをプレイヤーの皆様には、どうかご理解を頂きたいと考えています。

メギド72開発メンバーが暴力に対し、無関心や正当化しているわけではないことも、お伝えさせてください。ですが、世界観の特性上、今後もメギド72ではこのような事象をストーリーの軸にした内容は描いていきます。
ハッピーエンドばかりではありません。ただ、それを乗り越える登場人物たちにも目を向けていただき、前向きに楽しんでいただけますと幸いです。

先日公開しましたショートアニメのシリーズでは、動きや間も表現できるからこそのコミカルな要素も描いていきます。こちらは全10話となっており、2話も近日公開予定です。

多角的にメギド72を楽しんでいただけるよう目指していきます。
引き続き、メギド72をよろしくお願いします。
タイトル メギド72
ジャンル 絶望を希望に変えるRPG
対応OS iOS/Android
推奨環境 iOS8.1以上 / Android4.4以上
(RAM2GB 以上) ※一部端末除く
価格 アイテム課金制
今すぐダウンロード