プロデューサーレター vol.12

「メギド72」プロデューサーから皆さまへのメッセージです。

2018/11/08 17:50
いつもプレイしていただきありがとうございます。
『メギド72』プロデューサーの宮前です。

ここ最近、スタッフや周囲の方からスタミナドリンク(リポDやオロナミンCなど)をもらいます。
祝宴の時も元メインアーティストの高木さんからももらいました。
「おつかれ!」って意味なのか、「もっと走れ!!」って意味なのか…。でも気遣ってもらえてるのは、嬉しいですね。ありがとうございます!

ちょうど1周年まで一ヶ月をきり、開発も急ピッチで動いています。先日のプロデューサーレターにてお伝えした内容の実現に向け、頑張って開発しております。
私自身も楽しみにしております。といいつつも、時間が経つのが早すぎて、作業が追い付かないこともままあります。いただいたスタドリを飲みつつがんばります!

さて、本日弊社の決算説明会でも公表されましたが、『メギド72』のTVCMが決まりました!
ひそかに企んでいたというか、すでに動きだしていました。これまで支えてくれたプレイヤーの皆様にはお先にお伝えしたいと思いつつも、会社として重要なことなのでこのタイミングので公表となりました。

まだ詳しい放送開始日などはお伝えできないのですが、現在どのような状況かを簡単にお伝えしますね。

以前『シシララTV』でDJの安藤さんも触れてくれましたが、CMには莫大な資金がかかります。放送すること自体もそうですが、企画、キャッチコピー、撮影、CG、音楽、編集など、映像を完成させるため多くの専門性の高いスタッフが関わるのでそれなりの費用になっていきます。

ただ、Webの広告と違って細かいターゲティングはできません。そのため、CM実施の費用対効果が予測しきれないという側面もあります。でも、視聴数が圧倒的に多いので、認知度を上げるにはそれ相応の効果が期待できると思います。

実はCM制作の許可が下りたのは、ここ最近。放送時期は言えないといいつつも、勢いがある近いタイミングを狙っています。

そのため、リアイベ付近から急ピッチで動きだしました。個人的にはアニメ作品のようなCMがターゲットとマッチすると考えていました。しかし、アニメ制作は時間が膨大にかかり、今回はそこまで時間をかけれません。そこで実写での撮影をベースにしたイメージ戦略にのっとったもので考えています。

映像表現はCMの効果に大きく影響します。ゲームの印象を間違って伝えると離脱が大きくなり、評判を損ねる懸念があります。ゲーム自体は面白いと自負しつつも、万人ウケするゲームだとも思っていないので、難しい判断を要しています。

CMは一般的に15秒と30秒。ちょっとした奥義演出でも長いものは十数秒ありますから、その中での表現はかなり難しいものがあります。CM制作の方にどのようなゲームか説明し、コンセプトやコピーを決め、どこを魅力にするかを絞り、撮影をしております。

現状の段階でいうと現在仮編集が終わったところ。映像クリエイターの監督やCMの専門家の方々と詰めています。撮影した画像にナレーションを入れつつ、音楽の選定を行っております。
CGの素材や画像加工はこれからという段階です。

実はほとんどのスタッフにもまだ見せていません。普段は複数スタッフの意見を聞きながら決めていくことが多いスタンスの私ですが、今回はほぼ限られたメンバーとのみ話をしています。
隠しているわけではないのですが、多くの意見を拾う時間が無いことやブレる可能性を考慮し、ブラッシュアップする方に時間を使いたいからです。
良いものにして、ご披露できるよう頑張ります。もう少しおまちください。

ただ、ここまでこれたのも、熱意をもって応援してくださった多くのプレイヤーの皆様のおかげです。
会社としての期待値も上がってきており、負けられない戦いが続きますが、「勝算がある!」と言い続けたからですかね。この機会を活かして、タイトルとして飛躍できるようにがんばります。
そして長く続くサービスを目指します!

今後1周年に向け、また情報を出せるように努めていきます。
これからも『メギド72』をお楽しみください。

よろしくお願いします。
※過去のプロデューサーレター 【プロデューサーレター vol.11】
タイトル メギド72
ジャンル フォトンドリヴン世界救済RPG
対応OS iOS/Android
推奨環境 iOS8以上 / Android 4.4以上
(RAM2GB 以上) ※一部端末除く
価格 アイテム課金制
今すぐダウンロード