プロデューサーレター vol.7

「メギド72」プロデューサーから皆さまへのメッセージです。

2018/07/20 13:00
いつもプレイしていただきありがとうございます。
メギド72プロデューサーの宮前です。

西日本における豪雨災害につきましては、被害にあわれた皆さま、該当地域にご家族、ご関係者の方がおられます皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早い平穏な日々が取り戻せますよう心よりお祈りいたします。

私どもエンタメ産業に関わるものとしては、このような事態では大変無力ではありますが、コンテンツを通じて、不安な気持ちや鬱々とした時間からの気分転換など、そういった形で少しでも笑顔ある生活の助けになれればと思っております。
施策の企画、制作、提供できることに感謝し、皆さまの期待に応えれるよう、スタッフ一同これから真摯に運営していきます。

なお、世界崩壊の危機を舞台にした「メギド72」の世界観の特性上、どうしても災害を連想させる表現が、ストーリーやスキルなど、あらゆる場面に登場してしまいます。
こちらにおかれましては、ご了承の上、お楽しみいただければと思います。

◆一周年までのゲーム改修

さて、「メギドの日」企画ではゲームプレイだけでなく、イラスト投稿やBGMのDLなど、皆さんご参加いただきありがとうございました。
普段は絵を描かない私ですが、高木さんに言われ、休日に頑張って描きました!
着彩までする時間がなく…、面目ないですが、参加することに意義があると思ってます。
イラストは8月末まで募集していますので、是非ご参加ください!!

そして、我々開発運営チームはすでに8月以降から12月の一周年に向けいろいろ考え始めています。
ゲーム内のサイクルの改修や新たな成長軸、それに伴うコンテンツなど更なる面白さの提供ができればと思っています。

また、遊びだけでなく、操作性やその他機能は、まだまだ改善の余地がありますね。
例えば、ストーリーの読み直しがもっと気軽にできるとか、編成をコピーして別のものを作るなど。
章が追加されることで、前を読み直していると意外と操作にストレスに感じたり…、
編成時にこのパーティを軸に別の物を作りたいなぁ…とか、ソートにもっと種類が欲しい等と思ったりしますよね。
そういった操作に纏わる様々なことは、今後も改修を入れていきたいと考えています。

それと、バトルでは各メギドの行動数の調整を考えています。
というのも、追加フォトンによる無限ループなどはこれまでも把握はしており、大きな影響がないという判断をしてまいりました。
しかし、今後追加していくメギドやオーブにおいて、これらをそのままにするとゲーム性としての広がりを持たすことが困難となりそうだと考え始めております。
例えば、ビビットなステータスをもったメギドやオーブを出すことで、これまでにないタクティカルソート(戦略性)や新たな面白さを提供したいと考えた時に、現状では一方的に攻撃を続けることで、編成を組む面白さ、ターン性バトルの面白さを阻害してしまう可能性があります。
更新を続けるためにも、バトルルールの調整があることをご容赦ください。
ここ重要なポイントなので、皆さまにとって不利益にならないように考えていきます。

そして、召還からの被り対策も議論をしております。
現在検討しているアイデアでは、ポイントのようなもので何かしらの効果や交換があるとか、塔の時間が短くなるなどが出ています。
強さのステータスへの影響を高くしてしまうと、ゲームとしての面白さを狭めてしまう可能性があります。
これまでのプレイスタイルに関わらず、多くのお客様のバランスを保ちながら一定の満足度がある何かを整理しています。
そしてそれは、リリースから今までの全メギドの被りに適応できる内容で考えています。
秋には実装したい!まだ、未定ですが…。
ここにおいては、改めて詳細が決まり次第お伝えさせていただきますね。

◆直近の更新

①衣装について

今開催中のイベントに合わせ、衣装が変えられる機能を実装しました。
第一弾は水着にしました。皆さんもう手にいれましたか?
個人的にはいいクオリティだと思っています!

話は変わりますが、実は私はこの機能に反対でした。
というのも、「メギド72」には合わないのでは…とか、今のメギドを楽しんでくれているユーザーの方には反対されるのでは…などと思っていたのです。
でもですね…、イラストを見たら、これは「絶対欲しい!」って思っちゃいまして。
みんなも欲しいってなるだろうと考え、制作を開始しました。

ただ、衣装ごとにステータスが違うとか、スキルが変わるなどは絶対やってはダメだと伝え、「メギド72」らしい提供の仕方を考えました。
そもそも強さや勝つことだけに拘りたいユーザーの方には、要らないものにしないとダメだと。
初めての提供では、しっかりストーリーと絡めて展開したいとスタッフで話し合い、今の提供スタイルにしました。
また、これに合わせ、要望を頂いていた進化段階の見た目を戻せる機能も、併せて実装しました。
今後、コロシアムで強化段階を反映した「ランキングバトル」などを開催する際には、UIも調整し、わかりやすく相手の進化状況がわかるようにいたします。

②5章3節について

近日中に5章3節がリリース予定です。
ついに5章完結です!
5章のタイトルで、「終わってしまうのでは…」との声も寄せられましたが、しっかり続きますよ。
でも「シーズン1」終了的なニュアンスはあります。
最後の不死者との対決もありますので、まだ序盤を楽しんでいる皆さまも是非続けて進めてください。
最後のバトルは盛り上がりますよ!私も早くプライベート端末で遊びたいです。

また、今回の敵は、地形効果を多用するものが多く、編成を考える楽しさ、ドラフトフォトンの楽しさも充分ありますので、ぜひお楽しみください。
そして、今回は討伐クエストに追加される敵は1種になります。
これは手を抜いたのではなく、多くの方のプレイ状況を見ての判断です。
数を期待していた方は残念に思われるかもしれませんが、手応えは感じてもらえると考えています。

6章1節については9月の中旬ごろになります。
これについては、ストーリー部分と今後追加されていくメギドのところで、どうしても整合性がとれないものが出てきており、ストーリーもクエストやバトルも修正を余儀なくされているからです。
しっかりとした面白さを提供できるようにいたしますのでご了承ください。

③サバトについて

そして今月末から来月上旬にかけて、サバトを予定しております。
ついに新たなテルミナスメギドが登場予定です。
タクティカルソートが広がる新たな仕様が入っています。
どんなキャラかは改めてお伝えします。こちらもお楽しみにしてください。

これらの更新情報については、7/26に予定しているシシララTVで少し触れられると思います。
こちらもご覧いただければと思います。

◆高木卒業について

前回のシシララTVで発表させていただきましたメインアーティストの高木さんの卒業についても少しお伝えさせてください。

高木さんとは3年8ヶ月の付き合いになります。
前職も同じということもあり、共通の知人も多く入社してからこれまで、良きパートナーとしてやってきました。

退職の意向を聞いたのは5月の終わりごろだったと思います。
GW施策も好調で、ユーザーさんも増え始め、何かと忙しいが気持ちが高揚していたタイミングです。
21時過ぎにそろそろ帰ろうかとなり、タイミングが同じ時だったので、晩飯食べて帰ろうとホルモン屋へ。
プライベートの話や仕事の話、メギドの話をしながら小一時間経ったころ、ミノを焼きながら高木さんから相談があると言われました。
「じつは他の会社に移りたいと…。」

これまでの開発3年間と運営、また昨年はメギド72のプロジェクトだけでなく、昨年私が部長をしていたデザイン部としても多くの業務を共にしてきた仲です。
高木さんのやりたいこと、得意なことを宮前も知っていましたし、理解していました。
メギド72を辞めたいというのではなく、自分がやってみたいという仕事をオファーしてくれた会社があると聞きました。
そして、その会社での新たな業務にチャレンジをしたいが、メギドが気掛かりだと…。

働いている中で、外から名指しでオファーをくれることなんて、そうあるものではありません。
現在のプロジェクトでもやってもらいたいことは山ほどありますが、多くの時間をここに使っているのも事実です。
彼のクリエイターとしての人生、社会人としてのキャリアを考えると、新たなチャレンジに向かわせる時だとは思いました。

とはいえ、いざ告白されるとメギド72の責任者としては、相当焦りました。
これから伸びていく、伸ばしていくメギド72に高木さん無しでやれるのか…と。

でもそこも我々のチャレンジなのかもと考えました。

高木さんの作家性、存在感はこのプロジェクトにとっては大きいです。
ですが、そこだけに頼ってきたものでもないとも思っています。
最終的にはメギドはなんとかするから、高木さんも勢いがあるうちにチャレンジをしなよって言葉をかけました。

ただ、これまでの苦楽を振り返ると、自然と涙がでてきて…、
おっさん二人で涙しながら、ホルモンを食い、そして飲みました。
彼には感謝の気持ちでいっぱいです。

今のメギド72には、高木さんのファンも多いので、文章ではなく、生放送で卒業を発表しようと「シシララTV」の場で皆さまには初めてお伝えすることにしました。
これには、社内でも反対の声はありました。でも生放送で皆さまに伝えることがひとつの誠意だと考えました。
不安視するお声も多く寄せられるかと覚悟しておりました。
ただ、結果的には「ご苦労様」とか、「卒業おめでとう」などのお声が多く、大きな混乱はなかった状況でした。
高木さんも含め嬉しかったです。
皆さまが受け止めてくれたことに、本当に感謝しております。

彼とは、ハロウィン、1周年を共に迎えたかった…。
でもこれもまた人生。新たな才能と出会える機会にも繋がります。
メディア・ビジョンさんも体制を強化してくれております。
高木さんも8月末まではしっかりチームで動いてくれており、後進の指導をしてくれてます。
今後は「高木ロス」と言われないよう、新たなチームでメギド72をお届けできればと思います。

最後に

これからも応援をお願いします。
そして期待や信頼を裏切らないようにがんばります。
前回のレターが短かった分、今回はボリュームがありますが、ここまで読んでくださってありがとうございます!

今後ともメギド72をよろしくお願いします。
※過去のプロデューサーレター
【プロデューサーレター vol.6】
タイトル メギド72
ジャンル フォトンドリヴン世界救済RPG
対応OS iOS/Android
推奨環境 iOS8以上 / Android 4.4以上
(RAM2GB 以上) ※一部端末除く
価格 アイテム課金制
今すぐダウンロード