デザイナーだより vol.8

ゲーム内イラストの情報を中心に『メギド72』のデザインの解説をお届け!

2018/09/29 18:00

『メギド72』のデザイナー陣によるデザイン解説をお届けしているデザイナーだより。

vol.8では、イベントクエスト『傀儡の王と操られた花嫁』にて登場したゼパル(カウンター)、2018/9/28(金) 15:00~開催の 激★魔宴召喚『わがまま美食グルメツアー』で登場したダゴンイベントクエスト『ハルマを夢見た少女』に登場のマルバス(ラッシュ)のデザインを解説します。

是非、ご一読くださいませ!

ゼパル(カウンター)

※掲載キャラクターは★3のものになります

米倉:フラウロス(バースト)に引き続き、リジェネレイト メギド第2弾はゼパル(カウンター)です!

ゼパルは元の花嫁衣装は崩さずに、ギャップを意識して黒や紫の配色でバーサークのイメージにしてみました。「炎」をイメージしたデザインなので、服のシルエットやほつれ方で狂気感を出しつつ、腰のピンク色部分や頭のベールも炎を意識しています。

花嫁なので、武器にかわいくブーケをつけています。所々血もついてたり……(笑)。

ゼパルの武器を使った演出も見所です。
ということで、メディア・ビジョンのモーション担当さんに、コンセプトを伺ってみました!


―― ゼパル(カウンター)のモーションや演出について教えてください!

演技のコンセプトは「元気一杯陽気なバーサーカー」でした。

バーサーカー(狂戦士)が無茶苦茶陽気に剣を振り回して襲ってきたら、
凄んで襲ってくるより寧ろ怖い気がしませんか?
そういう怖さを出そうと演出を考えました。

やたらテンションが高いけど、
喜んでいるようにも見えるし怒っているようにも見える。
遊んでいるようで殺戮している。
笑っているからといって油断したら切りかかってくる。

そういう恐ろしいキャラを目指しましたが、
やっぱり何をさせても可愛くなってしまうゼパルちゃんでした。

ゼパル(カウンター)メギド体

※掲載キャラクターは★3のものになります

中山:リジェネレイトした「ヴィータ体」のデザインに合わせて、「バーサーク」「紫黒のバラ」「ハート」をモチーフにデザインしています。

元のメギド体の構造はそのままに、丸みの多かったシルエットを角のあるシルエットに変更し、全体的にトゲトゲしいバラのイメージとバーサークの凶暴性を表現しています。顔のデザインはヴィータ体の「ティアラ」をモチーフに取り入れて、顔の角度とポーズによっては笑っている口のように見えると面白いかなと思って描きました。

細かいところで、元のメギド体にあった金色部分は、体の配色に合わせてピンクゴールドにしています。また、首周りの襟はヴィータ体の腰にあるデザインと同様に炎をイメージし、背面の尖がりとつながるデザインにしています。

体が生えている板のようなものは、トランプのハートのAを意識していてそのハートマークの中央からニョキっと体が出てくるイメージです。


ダゴン

※掲載キャラクターは★3のものになります

米倉:ダゴンはテルミナスメギドの一人になります。

食べることが大好きな、とにかく大食漢な女の子です! モチーフはお菓子をイメージしていて、髪の毛のリングはドーナッツっぽく、服もはちみつ色にしています。また、ダゴンの由来から、武器も大きなフランスパンをチャームポイントとして持たせています。

それと実はこの武器食べられます…!(笑)。

ダゴン メギド体

※掲載キャラクターは★3のものになります

中山:見てお分かりだと思いますが「食いしん坊」をイメージして豚にしてます。

大食いというのが分かるように、口が大きく「いくら食べてもお腹が満たされない!」といった印象になるといいなと思って制作しました。また、一つの口じゃ足りないからお供を連れています!
こんな大食いなら獣のように食べ物にがっつくと思いきや、食べる時はフォークとスプーンをちゃんと使って、器用に食べるんです。舌が目立つのはグルメだからなんですけど、甘いものには目がないので飛びついてがっつきます(笑)。

細く華奢な腕や手足なので動きが鈍そうに見えますが、実はすごく身軽です。味をしっかりと楽しむため、フォークやスプーンを起用に動かせるしなやかな細腕と、食べ物があるところへすぐに飛びつけそうな細く頑丈な足のイメージで描いてます!

ただ、やっぱり女の子なので口紅付けてたりまつ毛は長かったり、ヴィータ体に合わせてオレンジ色のリボンをつけていたりします。
あと、「甘いものが大好き!」というのが伝わるように頭の上にクリームやサクランボを乗せています。


マルバス(ラッシュ)

※掲載キャラクターは★3のものになります

米倉:リジェネレイト メギド第3弾はマルバスです!

元のマルバスは黒い制服のお嬢様らしい服装だったので、マルバス(ラッシュ)では逆に白と金を基調としたカラーリングにしました。

また、本人の憧れもあり、ハルマに寄ったデザインにしています。服のデザインには、星や絵画の額縁、高級そうなキルティングの意匠をいれてお嬢様感を残しています。

よりキラキラ☆になったマルバスを是非手に入れて頂けると嬉しいです!

マルバス(ラッシュ)メギド体

※掲載キャラクターは★3のものになります

中山:リジェネレイトということで、ヴィータ体の額縁や星、キルトなどを意識したイメージに合わせてデザインを組み合わせました!

マルバスが持つ金色の杖を引き立たせるためというのもあるのですが、マルバスはハルマになることを望んでいるので、ヴィータ体の見た目はハルマ風な白系統なものの、メギド体の方はその逆にどんどん悪魔っぽくなるようにしたいなと思い、暗めの紺色へ変化させています。野心や野望が濃くなってきた感じですw

手には、元のメギド体のデザインでも持っているハサミと縫い針を持たせています。リジェネレイト マルバスのキルトのように、自分の体を金の糸でキルトっぽく縫い合わせている様子に表現できれば面白いかなと思い、縫い合わせちゃいましたw

また、マルバスのデザインには笛のモチーフが入っていたので、リジェネレイトでは金色のイメージに合わせて金管楽器のようなデザインを取り入れてます。

実は僕、昔吹奏楽でサックスやってたんですが、「いつかメギド体のどこかに、デザインとして楽器を取り入れてみたいな〜」と思っていました。なので、よく見ると右手の指はサックスのネックのように曲がっていたり、先端がマウスピースっぽくなっています。

他にも、肩パーツあたりはパイプオルガンをイメージしたりと、ヴィータ体とのバランスを考えて、全体的に「響く」デザインにしました!


―― ゼパル、ダゴン、マルバスのデザイン解説いかがでしたでしょうか?

ゼパル(カウンター)は、色味も印象もガラッと変化しましたね。満面の笑みで向かってくる狂戦士は怖い……。ダゴンは、メギド体が迫力満点です!ポップな見た目のヴィータ体からは想像できない姿です。マルバス(ラッシュ)は、ハルマ感がかなり強調されました。(さすが、暫定ハルマ…)

今後も、デザイナーだよりでは『メギド72』のデザイン解説を中心にご紹介して参ります。

それでは、次回の更新もお楽しみに!

タイトル メギド72
ジャンル フォトンドリヴン世界救済RPG
対応OS iOS/Android
推奨環境 iOS8以上 / Android 4.4以上
(RAM2GB 以上) ※一部端末除く
価格 アイテム課金制
今すぐダウンロード