【ヘルプ】強化・弱体・状態異常・地形・特殊状態・トランスについて

バトル中に発生する状態・効果に関する解説です

2020/08/07 15:00

強化と弱体

バトル中は様々な「強化」や「弱体」にかかることがあります。

【強化】

条件を満たさない効果を与えようとした場合、「無効!」と表示されます。

「強化」一覧

攻撃力
上昇
攻撃力が一定割合上昇している状態です。
防御力
上昇
防御力が一定割合上昇している状態です。
素早さ
上昇
素早さが一定割合上昇している状態です。
ダメージ
軽減
攻撃によって受けるダメージを一定割合軽減する状態です。
*固定ダメージ、追加ダメージは対象外です。
自然回復 ターン終了時に、最大HPの一定割合を回復する状態です。
カウンター 攻撃を受けたとき、反撃を行う状態です。
状態変化耐性 すべての「状態異常」と「弱体」を受けつけない状態です。
かばう 味方単体を対象とする攻撃を、自身が代わりに受ける状態です。
フォトン
容量上昇
フォトンを積める量が一定数上昇している状態です。
アタック
強化
積まれているアタックフォトンが、一段階強化される状態です。
※注意
段階変化した場合の効果は「特殊フォトン」の欄をご確認ください。
スキル
強化
積まれているスキルフォトンが、一段階強化される状態です。
※注意
段階変化した場合の効果は「特殊フォトン」の欄をご確認ください。
チャージ
強化
積まれているチャージフォトンが、一段階強化される状態です。
※注意
段階変化した場合の効果は「特殊フォトン」の欄をご確認ください。
回数
バリア
一定回数のダメージを0にする状態です。
ダメージ
ブロック
自分の最大HPの一定割合以下のダメージを0にする状態です。
アタック
バリア
「アタック」「奥義」から受けるダメージを一定割合軽減する状態です。
*固定ダメージ、追加ダメージは対象外です。
スキル
バリア
「スキル」「覚醒スキル」から受けるダメージを一定割合軽減する状態です。
*固定ダメージ、追加ダメージは対象外です。
列化 単体を対象とする「アタック」「スキル」「覚醒スキル」「奥義」の対象が列になる状態です。
*自身を対象とするものは対象外です。
*対象が単体のものでも一部のスキルは対象外です。
全体化 単体と列を対象とする「アタック」「スキル」「覚醒スキル」「奥義」の対象が全体になる状態です。
*自身を対象とするものは対象外です。
*対象が単体のものでも一部のスキルは対象外です。
追加
ダメージ
攻撃に自身のレベルを一定倍したダメージを追加で与えるようになっている状態です。
無敵 攻撃によって受けるダメージを0にする状態です。
魅了 この状態を発生させたキャラクターが「アタック」を行ったとき、フォトンに関係なく即座に「アタック」を行う状態です。
追撃 自身以外のキャラクターが「アタック」を行ったとき、フォトンに関係なく即座に「アタック」を行う状態です。
加勢 この状態を発生させた味方が「アタック」を行ったとき、フォトンに関係なく即座に「アタック」を行う状態です。
この効果によりフォトンに関係なく行われた「アタック」では、覚醒ゲージが増加しません
雷ダメージ
上昇
雷攻撃で与えるダメージが一定割合上昇する状態です。
※一部対象外のダメージがあります。
リザーブ ターン終了時に、特定の効果を発動するようになる状態です。
行動の内容は、リザーブ状態になる能力によって変化します。
状態異常
命中上昇
対象の状態異常命中率を上昇させる状態です。状態異常を付与するときの元々の命中率に、この強化のポイント分を上昇させます。この時、命中率は100を 超える場合があります。

※注意
状態異常を付与させる効果の発動率には影響がありません。

▼具体例
==============
①:発動率を示します
②:効果値を示します

【マスエフェクト効果】
10%の確率で(①)
100%敵を即死させる(②)

【特性】
10%の確率で(①)
100%呪い攻撃で反撃(②)
==============
①には影響がありません。

②には影響があります。

「100%」の記載は、ゲーム内の説明文で省略される場合があります。
範囲
かばう
味方を対象とした列攻撃や全体攻撃によるダメージが、自身にのみ発生する状態です。
- 全域
かばう
「かばう」「範囲かばう」2つの効果が発動している状態です。
根性 致死ダメージを受けたときに、HP1で踏みとどまる状態です。

※注意
根性が付与されている時、さらに根性を付与すると、効果は上書きされます。
自動蘇生 自身が戦闘不能になった時、自動で1回蘇生される状態です。
蘇生されたメギドのHPは、発動した効果によって変動します。

【弱体】

*弱体はスキルごとの命中率と、受ける側の耐性によって命中率が変化し、以下のように表示されます。

「無効!」
使用した効果が、相手の耐性の影響を受けて、確実に成功しない場合。

「失敗!」
確率で効果が発動しなかった場合。

「弱体」一覧

攻撃力低下 攻撃力が一定割合低下している状態です。
防御力低下 防御力が一定割合低下している状態です。
素早さ低下 素早さが一定割合低下している状態です。
フォトン容量低下 フォトンを積める量が一定数低下している状態です。
*フォトンを積める量の最低値は1です。
火耐性低下 火攻撃で受けるダメージが、 一定割合上昇する状態です。
※一部対象外のダメージがあります
雷耐性低下 雷攻撃で受けるダメージが、一定割合上昇する状態です。
※一部対象外のダメージがあります
アタック劣化 積まれているアタックフォトンが、一段階劣化される状態です。
※注意
段階変化した場合の効果は「特殊フォトン」の欄をご確認ください。
スキル劣化 積まれているスキルフォトンが、一段階劣化される状態です。
※注意
段階変化した場合の効果は「特殊フォトン」の欄をご確認ください。
チャージ劣化 積まれているチャージフォトンが、一段階劣化される状態です。
※注意
段階変化した場合の効果は「特殊フォトン」の欄をご確認ください。

「強化」と「弱体」の効果は、バトル中の詳細画面からも確認できます。

状態異常

バトル中は様々な「状態異常」にかかることがあります。
「状態異常」は一定ターンの経過か、スキルや奥義の効果などで治療できます。

*状態異常はスキルごとの命中率と、受ける側の耐性によって、命中率が変化し、以下のように表示されます。

「無効!」
使用した効果が、相手の耐性の影響を受けて、確実に成功しない場合。

「失敗!」
確率で効果が発動しなかった場合。

▼「状態異常」一覧

ターン終了時に最大HPの20%ダメージを受ける状態です。

【BOSSの場合】
ターン終了時に最大HPの8%ダメージを受ける状態です。
めまい 「アタック」「奥義」がキャンセルされる状態です。
感電 「スキル」「覚醒スキル」がキャンセルされる状態です。
呪い チャージフォトンによる覚醒ゲージの増加と「秘奥義」がキャンセルされる状態です。
暗闇 「アタック」「スキル」による攻撃が50%の確率で、MISSになる状態です。
*「奥義」「オーブ」「秘奥義」による攻撃は対象外です。
睡眠 すべての行動がキャンセルされる状態です。
凍結 すべての行動がキャンセルされる状態です。攻撃を受けた際、そのダメージが2倍になります。1度攻撃を受けると凍結状態は解除されます。
混乱 50%の確率で行動がキャンセルされ、自身以外の味方に「アタック」を行う状態です。
*自身のみの場合は、混乱の効果が発動しません。
束縛 すべての「強化」を受けつけなくなる状態です。
病気 HP回復の効果を受けつけなくなる状態です。
*「ゾンビ」と重複した状態でHP回復が行われた場合、「ゾンビ」が優先されます。
ノック
バック
後列に強制移動させられている状態です。
※この状態が解消された場合、元の位置に戻るのは、ターン終了時となります。
引き寄せ 前列に強制移動させられている状態です。
※この状態が解消された場合、元の位置に戻るのは、ターン終了時となります。
煉獄の炎 ターン終了時に最大HPの10%ダメージを受ける状態です。
*毎ターンダメージが5%上昇します。
*上限は30%です。

【BOSSの場合】
ターン終了時に最大HPの4%ダメージを受ける状態です。
*毎ターン、ダメージが2%上昇します。
*上限は12%です。
ねずみ化 チャージ以外の行動がアタックに変化し、最大HP、攻撃力、防御力、素早さが20%低下している状態です。
*「オーブ」の使用はキャンセルされます。特殊フォトンは効果がそのまま反映されます。
ゾンビ 最大HPが50%上昇し、攻撃力が25%が上昇し、防御力と素早さが0になり、HP回復でダメージを受ける状態です。
*「病気」と重複した状態でHP回復が行われた場合、「ゾンビ」が優先されます。
悪夢 すべての行動がキャンセルされ、ターン終了時に最大HPの10%ダメージを受ける状態です。

【BOSSの場合】
すべての行動がキャンセルされ、ターン終了時に最大HPの4%ダメージを受ける状態です。
*状態異常「睡眠」とは別の状態異常です
完殺 この状態異常が付与されたまま戦闘不能になると、「蘇生」されない状態です。

※この状態異常は、戦闘不能になっても解除されません。
即死 戦闘不能になります。
*状態異常治癒では蘇生はされません。
執心 執心を付与されている対象が行動するとき、その執心の付与者しか狙えなくなる状態です。

ターゲットの指定を行った場合でも、状態異常中はその執心の付与者を狙って行動します。

※執心の付与者がターゲットできない状態の場合、執心の効果は発動しません。
※執心が付与されている対象にさらに執心を付与すると、効果は上書きされます。

状態異常は、バトル中の詳細画面からも確認できます。

地形

地形とは

一部のスキル、奥義などにはバトル中の「地形」を変化させる効果をもつものがあります。 「地形」上に存在する敵味方は地形毎に定められた効果を受けます。

地形の大きさ

「地形」は大きさが3種類存在し、それぞれ影響範囲が異なります。

〇単体地形
敵あるいは味方の一体にのみ影響を及ぼす大きさの地形。

〇列地形
敵あるいは味方の一列に影響を及ぼす大きさの地形。

〇全体地形
敵あるいは味方の全体に影響を及ぼす大きさの地形。

地形の上書き

「地形」は同じ大きさ以上の別の「地形」で上書きすることができます。
同じ大きさ未満の「地形」では上書きすることはできません。

地形のダメージ

「地形」上にいると、ターン終了時にダメージを受ける場合があります。
ダメージを受けるかどうかは「地形」の種類によって決まります。

ダメージを受ける場合は
・現在HPに対して一定割合
・地形変化を起こした敵味方の攻撃力に応じた値
のどちらかになります。

同一の「地形」でも、発生したスキルや奥義などによって変化します。

地形の種類

「地形」には複数種類がありそれぞれ別の効果を与えます。

「地形」一覧

炎上 火ダメージを受ける「地形」
滞水 ダメージを受ける「地形」
この地形上に存在すると受ける雷ダメージが100%上昇します。
突風 ダメージを受ける「地形」
この地形上に存在すると受ける火ダメージが100%上昇します。
地割れ ダメージを受ける「地形」
この地形上に存在すると防御力が50%減少し、さらに受ける破断ダメージが上昇します。
※上昇量は地割れを受けている対象の防御力で変動します
氷結 ダメージを受ける「地形」
この地形上に存在すると攻撃力が25%減少します。
帯電 雷ダメージを受ける「地形」
この地形からのダメージを受けると、50%の確率で「感電」になります。
浸食 フォトンによる行動が終了したとき、ダメージを受ける「地形」
ターン終了時ではなく、フォトンを使用するたびに、ダメージが発生します。
※オーブは対象外です。
海魔の加護 ダメージ軽減と回復の、恩恵をもたらす「地形」

この地形上に存在すると、以下の効果を受けます。
・ダメージ20%軽減
・火ダメージ80%軽減
・毎ターン終了時に
 HPを30%回復
万雷の加護 雷ダメージ上昇と回復の恩恵をもたらす「地形」

この地形上に存在すると、以下の効果を受けます。
・雷ダメージ70%上昇
・雷ダメージを与えたとき、ヒット1回ごとに、与えたダメージの50%分の追加雷ダメージが発生
・毎ターン終了時にHPを20%回復
※追加雷ダメージは地形や属性耐性の影響を受けません

地形の強化

特定の地形に対して、対応した効果を使用することで、地形を「強化地形」に変化させることができます。

「強化地形」の効果は、地形ごとに異なります。

強化地形の上書き

強化地形では、強化地形の元となった地形(以下、同種の地形)を付与した場合、上書きのルールが変化します。
※異なる地形の場合は従来と同じ

・より大きな同種の地形の場合
・同じ大きさの同種の地形で、倍率がより高い場合
上記の場合、倍率と効果ターン数を上書き、強化状態を引き継ぎます。

・同じ大きさの同種の地形で、倍率が現在以下の場合
・同じ大きさ未満の同種の地形の場合
上記の場合、上書きは発生しません。

強化地形の種類

「強化地形」一覧

狂炎 炎上の「強化地形」

地形ダメージが上昇します。さらに狂炎地形上にいる対象が火ダメージを受けた回数によって、以下の効果が発揮されます。
・狂炎付与者のレベルに応じて地形の攻撃力が上昇します
・地形の効果ターンが延長されます

※攻撃力の上昇は累計50回の上限が存在します。
※効果ターンの延長は1ターンあたり3回の上限が存在します。
※狂炎によるダメージでは火ダメージの回数は加算されません。
※範囲攻撃で複数の対象に同時に攻撃が行われた場合、1回として扱われます。
※「かばう」が発生した場合、元の攻撃対象の狂炎の攻撃力が上昇します。

飛行について

種族「飛行」を持つ敵や「飛行」の特徴を持つメギドは、地形から受けるダメージや効果を無効化します。

特殊状態

バトル中、「特殊状態」になることがあります。
「特殊状態」になる効果は、全体化/列化の対象外です。

※特殊状態は戦闘不能になると原則解除されます。

【特殊状態】

条件を満たさない効果を与えようとした場合、「無効!」と表示されます。

確率で効果が発動しなかった場合、「失敗!」と表示されます。

「特殊状態」一覧

バーサーク ターン終了時に、付与対象に以下の効果が発動する特殊状態です。

・自身に攻撃力上昇を付与する
・ただし、自身の最大HPの一定割合分のダメージを受ける
攻撃力上昇の値は、バーサークが付与されてから経過したターン数に応じて変動します。

※注意
付与する攻撃力上昇は強化です
攻撃力上昇の初期値や上昇値、受けるダメージの値は、発生した技毎に変動します。
点穴 点穴状態になっている敵味方の「単体を対象にした1回攻撃」に追加ダメージを付与する状態です。

■点穴の特徴
・点穴には「点穴レベル」という段階があります
・効果値は点穴レベルとこの状態になっている敵味方のレベルで変動します
・点穴レベルは最大100です
・点穴状態の時に攻撃を行うと点穴レベルは0となります

※注意1
単体を対象にした1回攻撃以外の攻撃でも点穴レベルが0になります。

※注意2
オーブによる攻撃では、効果が発動せず、点穴レベルも0になりません。

■点穴レベルの「徴収」
バトル中、点穴レベルを「徴収」できる効果が存在します。

「徴収」とは、味方対象のなんらかのステータスや効果値を低下させ、その値の分だけ自身に付与する効果です。

対象の状態が効果値に満たない場合、低下させる値が減少し、それに応じて自身の効果の上昇量も減少します。
固定砲台 点穴レベルが上昇しなくなり全てのフォトンによる行動が以下に変化する状態です。
=======
単体を対象とした1回攻撃。
この行動後、点穴レベルを0にせず、10減少させる。
=======

※オーブは対象外です。
点穴結集 点穴レベルが上昇する際、一定回数のみ、その上昇量を増加させる状態です。
ライブ 味方全体に複数の特殊状態を付与する状態です。
■発動条件
ライブ状態になる効果を持つ能力を発動させる。

■効果
1.発動時
・味方全体に対し特殊状態を付与します
2.発動ターン中
・ライブを発動したターン中発動者は、全てのフォトンによる行動が変化します
・発動者がフォトンを得ると味方全体へ付与される特殊状態の種類を増やす行動を行います
・増える特殊状態に関しては得たフォトンの種類次第で変動する場合があります。
3.持続ターン中
・解除条件を満たさない限り味方全体にライブによって発生した特殊状態が、付与され続けます

■解除条件
1.持続ターン数の経過持続ターンが終了することで解除されます
2.別のライブが編成内で発動 自編成内でライブが既に発動している最中、別のライブが発動すると、古いものが解除されます。
3.発動者の状態変化
発動者が戦闘不能になる。あるいは、睡眠や凍結などの特定の状態異常になった際に解除されます。

※注意1
ライブにより付与される特殊状態の内容は、発動した能力により変動します。
※注意2
効果発動ターン中に発動者がフォトンを得た際の行動内容は、発動した能力により変動します。
ライブ
効果
ライブ効果が発動した瞬間に発生する特殊状態です。
効果内容は、ライブ効果ごとに変動します。
ライブ
効果
アタック
ライブ効果が発動したターンに発動者へ
アタックフォトンを与えると発生する特殊状態です。

効果内容は、ライブ効果ごとに変動します。
ライブ
効果
スキル
ライブ効果が発動したターンに発動者へ
スキルフォトンを与えると発生する特殊状態です。

効果内容は、ライブ効果ごとに変動します。
ライブ
効果
チャージ
ライブ効果が発動したターンに発動者へ
チャージフォトンを与えると発生する特殊状態です。

効果内容は、ライブ効果ごとに変動します。




ハイドロボム ターン経過で弾け、ダメージを与える特殊状態です。
※Hボムと記載する場合あり

■種類
ハイドロボムは以下の複数種類が存在します。

1.ハイドロボム速
弾けるまでのターン:短い
威力:低い
範囲:対象と左右の1番近い敵

2.ハイドロボム重
弾けるまでのターン:長い
威力:高い
範囲:対象のみ

3.ハイドロボム錬
弾けるまでのターン:長い
威力:変動する(下記参照)
範囲:敵全体
※付与対象以外には威力減少

■弾ける条件
1.規定ターンの経過
Hボム付与後、一定ターンが経過すると、弾けます。

2.誘爆
Hボムは、他のHボムが弾けた際のダメージを受けると、ターン経過を待たずに弾けます。

■付与可能な個数
Hボムは、種類問わず、1体に3個まで付与可能です。

※同じ能力で同じ対象に付与できるHボムは、同時に1個までです。

■威力・ダメージ
Hボムの威力は付与者のLv.とHボムの倍率で変動します。

同時に弾けるHボムの個数が多いほど、与えるダメージが上昇します。
※Hボムの種類は問いません

Hボムによるダメージは、以下の影響を受けません。
・位置による補正
・付与者の持つ特効
・アタック強化、スキル強化等フォトンの状態

■Hボムの強化
Hボムは、ダメージ上昇状態になることがあります。
ダメージ上昇状態になると、見た目が変化し、与えるダメージが上昇します。

■Hボム錬の付与方法
Hボム錬は「錬成」されることで付与されます。

■錬成とは
錬成とは、対象単体に対して、以下の手順を踏むことを指します。
1.付与されているHボムを全て解除します
2.手順1で解除したHボムの倍率を全て加算したHボム錬を付与します

※注意
・手順1でひとつもHボムを解除しなかった場合でも、Hボム錬は付与されます
・Hボム錬を錬成に使用することも可能です
・Hボムを錬成したとき、弾けるまでのターン数はリセットされます。

■Hボム錬の威力
Hボム錬の威力は、下記3要素で変動します。
1.錬成者のLv.
2.錬成が行われた回数と錬成に用いられたHボムの総数の合計
3.Hボム錬の倍率

※注意
2、3の要素には上限値が設定されています
2.30
3.50倍

■Hボム錬の強化
ダメージ上昇状態のHボムを解除して錬成が行われた場合、
付与されるHボム錬もダメージ上昇状態になります。

■その他特徴
Hボムによるダメージは、反撃の対象になりません。

Hボムは、マスエフェクトの追加効果の影響を受けません。

■解除条件
1.弾けると消失
Hボムは弾けると消失します。

2.被付与対象の戦闘不能
Hボムが付与されている対象が戦闘不能になると、消失します。

3.Hボム解除
Hボムを解除する能力により消失します。
エレキ 雷ダメージによる攻撃を受けるほど成長し、
解除時にダメージを与える特殊状態です。

■効果詳細
この特殊状態になると、以下の効果が発動します。
・受ける雷ダメージを50%に減少させます
・雷ダメージの攻撃を1回受ける毎に「エレキレベル」が+1されます

※注意1
「エレキレベル」とはこの状態の段階を示す呼称です。
エレキレベルは最大50です。

エレキ状態が解除されると、以下の効果が発動します。
・ダメージを与える

※注意2
ダメージは、エレキ状態の付与者のLv.と、解除時のエレキレベルに応じて変動します。

このダメージは固定ダメージであり、対象の防御力の影響を受けません。

■解除条件
①エレキ状態を解除する効果を持つ技を受ける
②エレキ状態を受けている対象が戦闘不能になる

■注意事項
エレキ状態によるダメージは反撃の対象になりません。

エレキ状態によるダメージは位置による補正、特効、アタック強化、スキル強化、地形等の影響を受けません。

エレキ状態によるダメージは付与者のマスエフェクトの追加効果の影響を受けません。
励起 フォトンによる行動の内容が変化する状態です。

■アタック
・アタックを2回連続で行います
・その後、自身の覚醒ゲージを+2します
※覚醒ゲージの変化量は、フォトン強化の影響を受けません

■スキル
・スキルを2回連続で発動します

■覚醒スキル
・覚醒スキルを2回連続で発動します
・その後、自身の覚醒ゲージを-2します
※覚醒ゲージの変化量は、フォトン強化の影響を受けません

■チャージ
・チャージを2回連続で行います

■奥義
・奥義を2回連続で発動します
・その後、自身の覚醒ゲージを0にします

■注意事項
・オーブの技は変化しません
封印 覚醒ゲージが最大の時にアタックフォトンを与えると、「奥義」がキャンセルされ「アタック」を行う状態です。
※ターン経過で解除されます。
回数チェイン 一定回数、行動に「味方単体にチェイン」が追加される状態です。

■効果発動条件
回数チェインが付与された対象に行動順が回ってくると、回数が1回減少し、効果が発動します。

■解除条件
付与された分の回数が0になると、解除されます。

※注意
以下の場合、回数チェインの回数は減少しますが、効果は発動しません。
・状態異常などで行動ができなかった場合
・他の効果でチェインが発動した場合
アーマー ■アーマーとは
付与対象に、HPとは別の耐久値を与える特殊状態です。

■アーマーの効果
アーマーが付与されている状態でダメージを受けると、HPではなくアーマーの耐久値が減少します。
※「毒」や「煉獄の炎」など一部例外が存在します

■アーマーの耐久値について
・耐久値が0になるとアーマーは解除されます。
・アーマーの耐久値以上のダメージを受けた場合、余剰分はHPへのダメージになります。
・アーマーが付与されているとき、さらにアーマーを付与すると、耐久値は上書きされます。
エール ■エール
付与されている対象のHPが50%以下になったとき、HP回復効果が発動する特殊状態です。

■回復量
エールの回復量は、エールが付与されたときに蓄積されていた音符の数ひとつあたり、最大HPの5%回復します。

※注意
・付与された対象のHPが既に50%以下だった場合、回復効果は即座に発動します
・一度回復効果が発動するとエールは解除されます
・音符がひとつも蓄積されていない場合、エールは付与されません。
回数防御貫通 一定回数、自身の攻撃に「対象の防御力を無視」が追加される状態です。無視できる防御力の割合は効果によって変化します。

※注意
回数防御貫通が付与されている時、さらに回数防御貫通を付与すると、効果は上書きされます。
遅延行動 指定ターン後の行動開始時に特定の行動を行う状態です。

※注意
同一発生源の遅延行動を同時に複数かけた場合、効果は上書きされます。
巨大化 自身が巨大化し、以下の効果が発生する状態です。

・シフト
・最大HP上昇
・攻撃力上昇
・防御力上昇
・アタック全体化
ブレイク待機 自身がブレイクを発動可能になっている状態です。

どのフォトンに対して発動する待機状態になるかは、技毎に異なります。
この時、○○ブレイクと表記する場合があります。
例:アタックブレイク

※既にブレイク待機状態の対象に再度ブレイク待機を付与すると、上書きされます。
※一度ブレイクを発動するとブレイク待機は解除されます
攻撃力
昇華
攻撃力が上昇する特殊状態です。
チェイン中の場合、効果量が変動します。

■特徴
その瞬間の味方のチェイン数を参照して効果量が変動します。

チェイン数が0に戻った場合、上昇量は、チェイン数0の時の値に戻ります。

「攻撃力を昇華させる」と表記する場合があります。
レイズギフト この特殊状態が付与されたまま戦闘不能状態になると、蘇生時に特定の効果が発揮される特殊状態です。

効果内容は、特殊状態を付与したスキルやオーブごとに変化します。

既にレイズギフトが付与されている場合でも、異なるレイズギフトは更に付与できます。

※この特殊状態は、戦闘不能になっても解除されません。
デスギフト 戦闘不能時に、特定の効果が発揮される特殊状態です。

効果内容は、特殊状態を付与したスキルやオーブごとに変化します。

既にデスギフトが付与されている場合でも、異なるデスギフトは更に付与できます。
虚弱 弱体や状態異常が付与されているときに、受けるダメージが上昇する特殊状態です。

上昇量は、付与されている弱体や状態異常の種類の数に応じて変動します。

※効果量には上限が存在します。
バレットを消費して行われた攻撃(以下バレット攻撃)を受ける時、被ダメージが変動する特殊状態です。

■効果詳細
導には「レベル」が存在し、レベル1で付与されます。
この特殊状態の時、以下の効果が発生します。
・導のレベルに応じてバレット攻撃で受けるダメージが変動します
・バレット攻撃を受けた後、導のレベルが1上昇します

※レベルは最大で15まで上昇します。
※導が付与されている時、さらに導を付与して上書きや効果ターンの延長を行うことはできません。
※バレット攻撃を含む行動が繰り返される場合、その全ての行動が終わったのちに導レベルが1上昇します。
暴奏 味方編成が協奏状態の時、音符の発生数が増加する代わりに、音符が発生しない行動がアタックになる特殊状態です。

■効果詳細
この特殊状態の時、味方編成が協奏もしくは大協奏状態の場合以下の効果が発揮されます。
・音符の発生数+1
・音符が発生しない行動のうちチャージ、オーブ以外の行動がアタックに変化
・攻撃力、防御力、素早さ50%UP
・ダメージ15%軽減
・フォトン容量+1

※注意
味方編成が協奏状態でない場合効果は発揮されません。
覚醒コスト減少 覚醒に必要なコストが一時的に減少している状態です。

覚醒コスト減少を同時に複数かけた場合、より効果量が高い方が優先される形で上書きされます。
オーラ 特定の種族のオーブを装備している対象にのみ付与できる特殊状態です。

オーラは複数付与されると効果が累積していき、異なるオーラを含めて合計20まで累積します。

■オーラの特徴
・オーラの効果は、オーラの種類ごとに異なります。
・指定されるオーブの種族は、技毎に異なります。
・オーラを消費する技が存在します。この時、オーラは古いものから消費されます。
勇猛のオーラ 付与されたとき、ひとつにつき以下の効果が発揮されるオーラです。

・攻撃力5%上昇
・ダメージ2%軽減
荷電 エレキ状態の時、フォトンを使用した行動を行うたびに、行動後に自身のエレキレベルが1上昇する状態です。

※行動がキャンセルされた場合、エレキレベルは上昇しません。

チェイン

・「チェイン」とは、対象の行動順を直後にする効果です。
※「チェイン」の効果は、全体化/列化の対象外です。



チェイン ■チェイン数とは
「チェイン」が連続発動した回数を「チェイン数」と呼称します。

「チェイン数」は「CHAIN!1」「CHAIN!2」とカウントします。

■チェインの行動表示について
チェインが発動する場合、行動順の表示が通常と異なります。
※ただし、チェインの発動が確率によるものの場合は例外です。

■補足
・「チェイン数」が1以上のときを「チェイン中」と呼称します。
・「チェイン」が発動しなかった場合、「チェイン数」は0になります。
・「チェイン数」を参照して、効果が変動する技が存在します。
・チェイン数で効果が変動する技は、チェイン状態で発動させたとき「技名 【Ch1】」「技名 【Ch2】」のように表記されます。
※変動するチェイン数には、技ごとに上限があります。

トランス

・バトル中に、味方・敵・あるいは双方の編成そのものに付与できる効果です。
・トランスは原則として1つの編成にひとつしかかかりません。
・「トランス」になる効果は、全体化、列化、の対象外です。

「トランス」一覧

協奏 味方の編成に「音符」が蓄積されるようになる、トランスです。
蓄積された音符数に応じて、 味方に効果が発揮されます。

一部のスキルやオーブなどを使用することで協奏状態になります。

■音符とは
味方編成が協奏状態の時に、一部のスキルやオーブを使用した際に発生します。最大10個まで蓄積されます。

蓄積された音符は、原則2ターン経過で、消失します。

■音符の発生数
音符が発生する場合、原則として以下のように発生します。

奥義の効果:2個発生
その他の効果:1個発生

■協奏の効果
協奏の効果は、蓄積されている音符の数によって、変動します。

〇音符数1~4
・攻撃力上昇
・範囲ダメージ上昇

〇音符数5~10
・攻撃力上昇
・範囲ダメージ上昇
・アタック強化
・スキル強化

※範囲ダメージとは、列攻撃と全体攻撃で発生したダメージのことを指します。
※音符の数に応じて効果量は変動するものもあります

■大協奏状態
蓄積された音符の数が5個以上の状態を大協奏状態と呼びます。

大協奏状態になると、一部のスキルや奥義などの性能が変化します。

■響撃ダメージ
蓄積されている音符の数が多いほど増加するダメージです。

無敵と回数バリアの効果を無視して対象にダメージを与えることができます。
怒闘 味方の編成に「ボルテージ」が蓄積されるようになるトランスです。
蓄積されたボルテージ数に応じて、バーサーク状態の味方に効果が発揮されます。

一部のスキルなどを使用することで、怒闘状態になります。

■ボルテージの蓄積方法
味方編成が怒闘状態の時、バーサーク状態の味方が敵にダメージを与える行動を取った際に蓄積されます。

■ボルテージの蓄積数
バーサーク状態の味方の数が多いほど、1回の蓄積量が増加します。ボルテージは、原則70まで蓄積されます。

■怒闘の効果
味方編成が怒闘状態の時、バーサーク状態の味方に以下の効果が発揮されます。
・攻撃力上昇
・バーサークの効果によってターン終了時に受けるダメージの増加

それぞれの効果量は、蓄積されているボルテージ数が多いほど増加します。
バレットアーツ 味方の編成で「バレット」を蓄積・消費できるようになるトランスです。
※Bアーツと記載する場合あり

一部のスキルやオーブなどを使用することで、Bアーツ状態になります。

■バレットとは
味方編成がBアーツ状態の時に一部のスキルやオーブなどを使用すると発生します。
最大99個まで蓄積されます。

バレットにはそれぞれ異なる効果が付与されており、消費された時に効果を発揮します。

■バレットによる効果
バレットがひとつ以上蓄積されている場合、一部のスキルや奥義などを使用した際にバレットを消費して、以下の効果が発揮されます。
1.一部のスキルや奥義などの性能が変化します

2.消費されたバレットに応じた効果が発動します

※注意
・バレットは原則古いものから消費されます
・バレットが同時に複数消費される場合、消費されたバレットの効果が同時に発動します。この時、同一の効果はより効果値の高い方のみが反映されます
ネクロ 味方の編成に「ソウル」が蓄積されるようになる、トランスです。蓄積されたソウル数に応じて、味方に効果が発揮されます。

一部のスキルやオーブなどを使用することでネクロ状態になります。

■ソウルとは
味方編成がネクロ状態の時に、敵味方問わず、戦闘不能になると1体につき原則3上昇します。

ソウルは最大で20まで蓄積されます。

■ソウルの消費
一部のスキルや奥義には、ソウルが一定以上蓄積されている場合、ソウルを消費して性能が変化するものが存在します。

■ネクロの効果
味方編成がネクロ状態の時、味方に以下の効果が発揮されます。

・ダメージ軽減
ソウル1につき3%軽減
最大30%

さらに戦闘中、一度でも戦闘不能になっている対象には以下の効果が追加されます。

・攻撃力上昇
・防御力上昇
・素早さ上昇
ソウル1につき5%上昇
最大75%

ブレイク

・敵が行動を行おうとしたとき、それを打ち消して代わりに発動者が即座に行動をすることを「ブレイク」といいます。
※「ブレイク」の効果は、全体化/列化の対象外です。
※「ブレイク」の効果は、チェイン中の行動に対しては発動しません。



ブレイク ■ブレイク技とは
「ブレイク」が発生するときに発動する技(スキルや奥義など)のことです。

※ブレイク技はかばう効果を無視します

■ブレイクの発動条件
以下の条件を満たしたときにブレイクが発動します。

1.ブレイクを行う者が、ブレイク待機状態である
2.ブレイクを行う者が次に使うフォトンやオーブなどが、ブレイク技を発動できるものである
3.ブレイクを行う者が、ブレイク技を使用可能な状態である 
4.ブレイクの対象が、発動条件を満たすフォトンを用いようとする

※ブレイク待機状態については、「特殊状態」の欄をご確認ください
タイトル メギド72
ジャンル 絶望を希望に変えるRPG
対応OS iOS/Android
推奨環境 iOS11.0以降 / Android5.0以上
(RAM2GB 以上) ※一部端末除く
価格 アイテム課金制
今すぐダウンロード