【イベント】『狩人よ、獣の前に跪け』
Story
メギドラルに現れたミュトスが
「ワイルド・ハント」からの支援要請を訴える。
ソロモン王が「猫」と共に行動していると聞いた
コシチェイは、「試作機」を手配することにした。
一方、ソロモンたちは廃墟の町で束の間の休息中。
すると、猫幻獣たちがわずかな音に気付く。
あたりを探ると、そこにはあるメギドの相棒が…。
ソロモンの呼びかけに「一緒にするな」と怒る敵。
ソロモンは、敵の正体を知るためフリアエを召喚する。
新たな敵は何者か?「ワイルド・ハント」との決着は?
暗躍するコシチェイの目的は…?
謎が深まるなか、舞台は最終決戦の地へ…。
イベントを進めることで、オセ(カウンター)を仲間にすることができます。またイベント限定アイテムを収集することで、様々なアイテムと交換できます。 詳細は「【イベント】『狩人よ、獣の前に跪け』の詳細・遊び方」をご確認ください。 ※本イベントは前後編の後編になります。前編「獣たちの集う場所」の内容は【こちら】から確認できます。
キーパーソン
  • オセ [祖57]
    自然を愛するがゆえに、自然に反する存在のヴィータを嫌い山で暮らしていた追放メギド。「ワイルド・ハント」との戦いに敗れ、気付いたらヴァイガルドにいたらしい。セタンタに仲間として好かれている。
  • フリアエ [真5]
    法と秩序を重んじるメギドラルの裁判官。旅行や温泉巡りが趣味のため、バカンスと称してヴァイガルドにやってきた。「ヌリ」という杖のような相棒を使い敵を殴ることもある。どうやらヌリは喜んでいるようだ。
  • タムス [真44]
    機械いじりが大好きなメギド。古代兵器マキーネを探すためにヴァイガルドへやってきた。ゲイボルグを素材として回収したいと思っていたが、槍に変身したところをみて「イカすじゃねえかッ」と喜んでいた。
  • グリマルキン [真10]
    護界憲章をすり抜けてヴァイガルドに来たメギドで、猫に対してこだわりがあり、猫を尊ぶ猫愛主義者。偶然出会った猫幻獣たちを救うべくソロモンたちと行動を共にしているが、猫なので自由気ままなのは変わらない。
  • ゲイボルグ [真72]
    理術研究院による「アニマ・アルマ」計画で生み出された武器メギドのゲイボルグと、幻獣セタンタのコンビ。偶然出会い、いろいろあって相棒になった。ゲイボルグは、新たな敵に嫌な気配を感じ取っているようだが…。
  • レラジェ [祖14]
    弓の扱いに長けていて、「伝説の弓使い」との二つ名を持つ。友であるカメレオンのピーターといつも一緒にいる。メギドラル時代、「ワイルド・ハント」から勧誘されていたが断っている。
  • サタナキア [真15]
    博識で爽やかな印象を与えるが、多数のために少数を切り捨てることができる冷徹さを併せ持つメギド。ゲイボルグたちの話から冷静に戦略を練り「ワイルド・ハント」からの攻撃を切り抜けた。ソロモンたちの閃きに即座に対応できる柔軟さがある。
  • ルキフゲス [真42]
    遺物探索の任務でヴァイガルドに来たが、任務よりも自分が「お宝」と思うものを蒐集することに熱心である。森が平和になったことを辺境の村へ伝えに行くが、その後ソロモンと連絡が取れなくなり…。
タイムライン
このイベントはメインクエスト7章と8章の間の時間軸で展開されます。
キーワード
※以下の用語解説にはストーリーに関わる内容に触れているものがあります。許容できる方はタイトル横の矢印マークをタップし、項目を開いてお読みください。

シャミハザを私的な理由で追放した罪に問われたガギゾンだが、その理由は語らなかった。証拠を手に入れるため、裁判官のフリアエは自らヴァイガルドへ向かう。一方、ガギゾンは処刑専門のメギドにある依頼をしていた。

バルバトスが語る「呪いの指輪」の物語。伝承かと思われたそれは、実在していた。幻獣に追われるキャラバンを助けたことで、ソロモンたちは事件に巻き込まれる。プーパたちの憧れでもあるベヒモスとの出会いも描かれている。

銃職人のネビロスは、オリエンスに協力してもらい師匠が残した道具を探していた。しかし、道具を探していたのはネビロスだけではなく…。理術研究員院に所属するコシチェイの残酷な研究内容が、またもや一部明らかになる。

※イベント参加には、メインクエストのステージ5-4クリアが必要です。
※イベントステージを全員生存クリアした場合、「攻略チケット・EV」が使えるようになります(通常の攻略チケットの使用は不可)。ただし一日の使用回数(00:00リセット)には制限があり、本イベントでは一日5回までとなります。