メギド性能紹介〜メフィスト(カウンター)〜

メギドの性能、その性能を活かした活躍の場面について具体的にご案内していきます。 今回のテーマは「メフィスト(カウンター)」です。

2019/03/20 18:30

こんにちは。 公式Portalでは不定期に、メギドの特徴やその特徴に応じた活躍のさせ方をご紹介しています。 というのも「どういう風にパーティーを編成すれば良いのかがわからない」との皆様の声に答え、タクティカルソートやメギド達の性能説明を行い、ユーザの皆様にもっとメギドを楽しんでもらいたいと考えているからです。

今回はメフィスト・カウンター(以下、メフィストCtr)の紹介です。

メギド性能紹介  メフィスト(カウンター)の特徴と活躍のさせ方

基本的な能力

メフィストCtrはカウンター/スナイパーのメギドです。
味方のHPを削ることができるスキルが特徴的で、ステータス防御力やHPが高いので打たれ強いです。
反面、攻撃力は高くないので覚醒スキルの固定ダメージを狙っていくか、攻撃は他のメギドに任せるのが良いでしょう。

味方にダメージを与えてHPをコントロール

▲ 対象の味方のHPを削りつつ、バリアを付与できるスキル

3度目になりますが、「メフィストCtr」「インキュバスCtr」「カスピエルCtr」はいずれもHPを上手くコントロールすることをテーマとして設計しています。前の2つの性能紹介で案内させていただいた「インキュバスCtr」「カスピエルCtr」とは違い、味方をサポートすることをメインの役割としています。サポートの役割としても、「味方のHPを削ることができる」ので今までのサポート系メギドとしは位置づけが異なります。

まずはスキル「景気付けの一発」の能力からみていきましょう。このスキルは味方のHPを25%削りつつ、2回のバリアと攻撃力上昇を付与することができます。2回バリアと言えば、「アムドゥスキアス」のスキルと比較したくなりますが、メフィストのスキルの魅力は「味方のHPを削る」点にあります。このスキルにより任意の味方のHPを削ることができるようになったので、「インキュバスCtr」「カスピエルCtr」は勿論、「アロケル」などの残りHPの調整も容易になりました。

今までちょっと運用が難しかったHPコントロール系のスキルが、簡単に調整できるようになったので色々なメギドが使いやすくなったかと思います。

また、覚醒スキル、奥義、特性も特殊です。覚醒スキル「イービルダイス・盛」は8面ダイスを投げた出目の合計と、メフィスト自身のレベルによってダメージが変動するスキルです。通常であれば1個のダイスを投げますが、奥義発動後では一度だけ「イービルダイス・盛」で投げるダイスの数が3個に増えます。また特性の効果でHPが33.3%以下であれば「8」の出目が確定します。奥義発動後に、HPが33.3%以下の状況で覚醒スキルを使用することで最大のダメージを出すことができますよ。

条件は難しいですが、覚醒スキル、奥義、特性の内容を理解して組み合わせると、サポーターとは思えないダメージを叩き出せるので、ぜひ狙ってみてください。

ここがポイント!

メフィストCtrは任意の味方のHPを減らすことができるメギドです。

HP量を減らすことで性能を100%発揮できるメギド達と非常に相性が良いです。

イベントにてみなさん召喚できますので、是非イベントを進めてくださいね。

タイトル メギド72
ジャンル 絶望を希望に変えるRPG
対応OS iOS/Android
推奨環境 iOS8以上 / Android 4.4以上
(RAM2GB 以上) ※一部端末除く
価格 アイテム課金制
今すぐダウンロード