ネタバレ掲示板

27,487 2019/11/22 09:53
  • アリキノ、最期クロケルが鳴らすベルを「情緒もない」って言う辺り芸術を愛する心もあったんだよね
    それでいて落ちこぼれだった頃からずっと一緒にいたサタナイルを尊敬してて、その高潔さにも憧れてた。

    • 途中送信しちゃった
      でもサタナイルの殺戮はしないって理想を実現し続けるにはどうしても無理があって(バレたら今度こそサタナイルは死刑にされそう)、でもサタナイルも守りたくて黙って裏で汚れ役をこなしてたんだよね。
      力を得てから結局その理想も力をがなきゃ無理とか誰がそれを支えるのかとか色々溜め込むものがさらに重くなって、その限界が来たんだろうなって思ってる。
      あとこれ予想にしか過ぎないんだけど、弱肉強食が鉄則の世界なら純メギドとしては腑抜けた上官=サタナイルを下克上も正解な選択肢でもあっただろうに最後までしなかった(あと最期の言葉が呪詛でも罵倒でもなく「サタナイルさま」)
      だから、アリキノとしてはサタナイルが裏を知らないまま共にいることが一番だったのかな。

      • NO NAME
      • 2019/04/06 06:36

      アリキノにも不器用な親愛があったのは間違いないんだよな。
      メギド故に誰にも理解されず内に秘めるしかないけど、それを察して後押しできる人がいればあるいは……それができそうなメギドは……

      バルバトスじゃねーか!お前増えろ!!!

      • NO NAME
      • 2019/04/06 08:36

      親愛と部分的な理解は確かにあって、それでもまったく同じ立場で同じものは目指せないこのやるせなさ

      • NO NAME
      • 2019/04/06 09:19

      バルバトスの観察眼も女性寄りなところあるからアリキノが性転換するしかない

      • NO NAME
      • 2019/04/06 09:24

      最後のアリキノのセリフは「サタナイル様」だよ派と「サタナイル貴様」じゃね派を見たな
      けど前者なら情を捨てきれなかった・最後の最後まで音楽を愛し上司を尊敬する根っこの部分は変わらなかったってことだし、後者なら後者であの頃のアリキノはもういないってことになるし、どちらにせよ悲しい結末であることに変わりはないのだ…

      • NO NAME
      • 2019/04/06 10:13

      サタナイルのメギストを読むと、最期に大地の恵み=フォトンが尽きて死ぬアリキノに送るのが「大地のソナタ」という「無駄」だったり
      その「無駄」が2人の間では捧げるに足る価値あるものなのかとか
      バルバトスという演奏者がいないと「弟」みたいな相手に手向ける音楽すら紡げないサタナイル とか
      もしかしてサタナイルが指揮する「音楽」をアリキノが聞いたのはあれが初なんじゃないかとか
      どうしてこんなことを、みたいなやり取りはなかったなとか、あの別れは2人にとってどんな意味だったんだろうとますます色々考える

    画像を選択
    投稿内容を確認の上「投稿する」を押してください。
    不適切と判断される投稿は予告無く削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
スレッドへ戻る
タイトル メギド72
ジャンル 絶望を希望に変えるRPG
対応OS iOS/Android
推奨環境 iOS9.0以降 / Android4.4以上
(RAM2GB 以上) ※一部端末除く
価格 アイテム課金制
今すぐダウンロード