メギド性能紹介 〜セーレ(祖70)〜

「メギド72」1周年に向け、祖01から祖72まで72体のメギド性能紹介をお届けします!第70回は「セーレ」です。

2018/12/05 00:00

こんにちは。

このたび公式Portalではメギド72の1周年に向けて、祖メギド72柱を1日1体ずつ、特徴やその特徴に応じた活躍のさせ方をご紹介していくことになりました。 これを機に既存のメギドに関してもタクティカルソートやメギド達の性能説明を行うことで、各メギドへの理解を深めていただき、ユーザーの皆様により一層メギド72を楽しんでもらいたいと考えています。

第70回は冒険に生きる「セーレ」の紹介です。

メギド性能紹介 セーレの特徴と活躍のさせ方

セーレはカウンター/ファイターのメギドで、状態異常回復を備えた単体回復や、3回までしか発動できないランダム効果の奥義が特徴的な支援役です。

▼セーレの特徴

● 状態異常を治癒し、さらに単体を回復させるスキル
● ランダムで3種類の効果があり、1種類1回まで発動する3回限定の奥義
● ラッシュモンスターからのレアドロップ率が上昇する特性
● 味方に状態異常耐性や素早さ上昇などを付与できるマスエフェクト

セーレは単体回復やランダム効果の奥義、特性のレアドロップ率上昇などが目を引く効果のメギドです。

スキルの単体回復は以前紹介したアンドラスとほぼ同じで、味方の状態異常を治癒してから回復します。「病気」や「ゾンビ」といった回復を阻害する効果を受けていても問題なく回復できますし、セーレ自身の素早さが高く、味方より先に行動して回復しやすいことも嬉しいポイントです。

特殊な奥義『ランプの魔人』は、3回限定で使うことができる奥義で、ランダムな3種類の効果がそれぞれ1回まで発動します。覚醒ゲージが5と長いのが気になりますが、効果は「敵全体ダメージ」「味方全体ダメージ軽減」「味方全体回復」で、ランダムな分それぞれの効果は強力です。

セーレはドロップ率に影響を及ぼす特性「トレジャーハンター」を持っていることも特徴のひとつです。効果は「ラッシュモンスターからのレアドロップ率上昇」で、メギドクエストを含めたラッシュの敵に有効です。チケット周回でも効果は発揮されるので、ラッシュの敵のレアな素材が欲しいときは是非編成してみてください。

スキルとマスエフェクトをメインにリーダー運用

▲状態異常対策も兼ねた味方回復スキル

セーレはやはり他にはないレアドロップ率上昇の特性が特筆すべき性能で、チケット周回用の編成に加えておくだけでも活躍が見込めます。しかし決して戦闘面も侮れず、支援役として十分な働きができる性能です。

中でもマスエフェクトは他にない効果を持っています。カウンターメギドに発動する「状態異常への耐性が25%上昇」と、カウンター/ファイターに発動する「素早さ30%上昇」を活かして、状態異常対策を行いつつ盾役の行動順を早めるのが主な役割です。

「カウンター」に発動する状態異常耐性は、オーブなどの耐性と合算されます。これを利用して「槍の幻獣体ブニ」などの高い状態異常耐性を持つオーブと組み合わせることで、特定の状態異常に対して100%以上の耐性(≒無効)を得ることも可能です。 オーブの選択の幅は狭まってしまいますが、攻撃を受けやすい盾役にだけでも持たせておくことで、状態異常を多様してくる敵に対して有利に戦うことができます

また「カウンター/ファイター」に発動する「素早さ上昇30%」も強力です。状態異常持ちの妨害役を起用して先手で状態異常を付与するのも良いですし、盾役の素早さを上げ、敵の行動前に「かばう」を発動することで戦闘を安定させるという運用も考えられます。 敵の素早さ次第ではありますが、オーブと組み合わせることでさらに対応できる敵の幅は広がります。

リーダー時ならセーレの回復量が40%上昇するため、戦線の維持も楽になります。余裕があれば奥義の全体回復や全体ダメージ軽減を狙うことで、より戦闘を安定化させることも考えてみましょう。

ここがポイント!

セーレはスキルによる状態異常治癒+回復、マスエフェクトによる味方盾役の素早さ上昇などが強力な、味方への支援を得意とするメギドです。覚醒ゲージの重さとランダム要素がネックではありますが、奥義もそれぞれの効果は高い性能を持っています。

どうしても特性のドロップ率上昇に目が行きがちになるメギドですが、戦闘面でも活躍の場は十分あります。敵がラッシュなら一石二鳥ですので、セーレが輝く編成を見つけてみてください。

タイトル メギド72
ジャンル 絶望を希望に変えるRPG
対応OS iOS/Android
推奨環境 iOS8以上 / Android 4.4以上
(RAM2GB 以上) ※一部端末除く
価格 アイテム課金制
今すぐダウンロード