メギド性能紹介 〜ラウム(祖40)〜

「メギド72」1周年に向け、祖01から祖72まで72体のメギド性能紹介をお届けします!第40回は「ラウム」です。

2018/11/05 00:00

こんにちは。
このたび公式Portalではメギド72の1周年に向けて、祖メギド72柱を1日1体ずつ、特徴やその特徴に応じた活躍のさせ方をご紹介していくことになりました。
これを機に既存のメギドに関してもタクティカルソートやメギド達の性能説明を行うことで、各メギドへの理解を深めていただき、ユーザーの皆様により一層メギド72を楽しんでもらいたいと考えています。

第40回は、見た目と中身にギャップがある奴「ラウム」の紹介です。

メギド性能紹介 ラウムの特徴と活躍のさせ方

基本的な性能

ラウムはバースト/トルーパーのメギドで、味方前列への覚醒ゲージ支援が得意なサポート役です。

▼ラウムの特徴

● 味方前列の覚醒ゲージを+1できるスキル
● 敵単体にダメージを与え、さらに味方前列のチャージを強化する奥義
● 敵単体に「混乱」を付与できる貴重な覚醒スキル
● 自身に確率でチャージを積む特性

ラウムはスキルと奥義で味方前列への覚醒ゲージ支援ができるメギドで、ファイター・トルーパーを中心とした前列パーティと非常に相性が良いのが特徴です。

スキルでは味方前列の覚醒ゲージを+1できます。前列パーティでは特に活躍できる効果で、覚醒スキルや奥義の発動を早めることができます。スキルが+になれば防御力上昇も付くため、防御力の高い盾役などとの相性も良いです。

奥義は敵単体にダメージを与え、さらに味方前列のチャージを強化できます。スキルの覚醒ゲージ+1と合わせて前列にいるメギドの覚醒ゲージ支援に最適で、覚醒ゲージが長いメギドを運用する際には是非使いたい奥義です。

このように支援が得意な性能ですが、一転して覚醒スキルは敵に「混乱」を付与するという妨害の手段になっています。「混乱」は「行動時に50%の確率で味方にアタックを行う」という効果で、相手の行動に関わらず確率で行動を中断させられる点が優秀です。 特に行動回数の多い敵に混乱を付与しておけば、相手同士で削ってくれることもあります。


味方の覚醒ゲージUPで覚醒を加速!

▲お馴染みの味方に気合を入れるスキル

ラウムはやはりスキルひとつで味方前列の覚醒ゲージを+1できるという、覚醒ゲージ支援が強力なメギドです。 味方アタッカーや盾役の覚醒ゲージを増やし、強力な奥義/覚醒スキルの発動を手助けできます。

覚醒ゲージ支援では後列の覚醒ゲージを+1し、さらに攻撃力を上昇させる「クロケル」や「ブエル」などが居ますが、ラウムはこれらのメギドとは違い、前列強化かつ防御力上昇となっています。 前列で攻撃を受けやすいアタッカーが戦闘不能になりづらくなると同時に、盾役の防御力も上げられるので、編成全体の耐久力を高めることができます。

特にアタッカーや支援役が前列に寄っている編成を使う時や、敵にトルーパーが多く、スナイパーを編成すると狙い撃ちされて戦闘不能になってしまうといった時に最適です。

同様の効果のスキルは「ティアマト」も持っていますが、フォトンを与えないとバーサーク化してスキルの性能が変わる特性や、そもそもスタイルが異なる点で差があるため、状況に応じて使い分けられる様になっています。場合によっては同時に編成に組み込むこともあるかもしれません。

相性の良いメギドは前列の覚醒ゲージを多く必要とするバーストなどのアタッカーか、短い覚醒ゲージで奥義を連発するラッシュのアタッカーです。 他には味方全体にチャージを追加する奥義を持った「ウァプラ」と組み合わせ、ラウムのチャージ強化を使って奥義の回転率を上げるような編成も考えられます。

ここがポイント!

ラウムは味方前列の覚醒ゲージを支援するのに特化し、奥義や覚醒スキルを撃ちやすくするメギドです。

相性の良いメギドの幅が非常に広く、様々な編成に組み込むことができます。攻撃の高さから補助的な火力としても活躍し、HPの高さから戦闘不能になりにくいことも利点です。

前列パーティに目が向きがちになるメギドですが、混乱付与なども活躍する場面がありますので、クエストで苦戦したら試してみてください。


タイトル メギド72
ジャンル フォトンドリヴン世界救済RPG
対応OS iOS/Android
推奨環境 iOS8以上 / Android 4.4以上
(RAM2GB 以上) ※一部端末除く
価格 アイテム課金制
今すぐダウンロード