メギド性能紹介 〜グシオン(祖11)〜

「メギド72」1周年に向け、祖01から祖72まで72体のメギド性能紹介をお届けします!第11回は「グシオン」です。

2018/10/07 00:00

こんにちは。
公式Portalではメギド72の1周年に向けて、祖メギドの72柱を1日1体ずつ、特徴やその特徴に応じた活躍のさせ方をご紹介していくことになりました。
これを機に既存のメギドに関してもタクティカルソートやメギド達の性能説明を行うことで、各メギドへの理解を深めていただき、ユーザーの皆様により一層メギド72を楽しんでもらいたいと考えています。

第11回は、負けず嫌いな「グシオン」の紹介です。

メギド性能紹介 グシオンの特徴と活躍のさせ方

基本的な性能

「グシオン」カウンター/スナイパーのメギドで、睡眠や攻撃力低下といった、敵の妨害が得意な性能です。

▼グシオンの特徴

● 敵単体を確率で『睡眠』状態にするスキル
● ダメージを与えつつ、敵の攻撃力を低下させられる奥義
● 味方全体の「攻撃力上昇」ができる覚醒スキル
● 素早さが高く敵の妨害がしやすいが、自身の攻撃力は控えめ

グシオンはスキル『子守唄』で、敵単体を2ターンの間『睡眠』状態にすることができます。命中率は50%(+で60%)と少々心許ないですが、睡眠は「全ての行動がキャンセルされる」という強力な妨害効果になっているので、成功した時のリターンが非常に大きいです。

奥義『ビーストファング』も、敵単体に攻撃力4倍のダメージを与えつつ、攻撃力低下をかけることができるという、妨害効果が含まれています。ダメージを与えるだけでなく、敵の攻撃力を減少させることで被ダメージを大きく減らすという用途としても使用できます。

一方、覚醒スキル『オルフェウスの竪琴』は味方の強化です。「味方全体の攻撃力30%強化(+で40%)」と、以前ご紹介した「バルバトス」の覚醒スキルの範囲拡大版の効果を持っています。その分必要な覚醒ゲージが多いですが、前列だけではなく後列の味方アタッカーが攻撃を行う際にも有効です。

ステータス面では素早さが非常に高く、敵が動くより先に妨害系の行動をしやすいです。その分攻撃力は低めになっていますが、「HP50%以下で攻撃力30%強化」という特性を持っているため、ピンチのときに、思わぬダメージを出して窮地から救ってくれることもあるかもしれません。


敵を無力化できる妨害能力の持ち主

▲ 厄介な敵に『睡眠』をかけて動きを止めよう

グシオンはなんと言っても、睡眠と攻撃力低下で敵を無力化させられるのが強みです。

敵に睡眠が効く場合、スキルを使い続けることができれば、半永久的に相手が動けない状態で戦えることもあります。もちろん確率なので確実にというわけにはいきませんが、なかなか勝てないボスに対しては、睡眠が有効かどうかを探ってみるのもありかもしれません。

また睡眠が全く効かない場合でも、奥義の攻撃力低下が有効なら役割はあります。 攻撃力低下の割合は全メギドの持つ効果で見てもトップクラスです。防御力の高い盾役のメギドであれば、グシオンの奥義によって攻撃力が低下した敵からは殆どダメージを受けないということも十分ありえます。


ここがポイント!

グシオンは、睡眠と攻撃力低下という妨害系の効果で敵を無力化できるメギドです。

覚醒スキルの攻撃力強化も優秀ですので、妨害を行いつつ、余裕があれば味方アタッカーの補助もしておきましょう。

もちろんグシオンの妨害が効かない敵も存在しますが、有効な敵に対しては完封勝利ができることもあるかと思います。意外な強敵に有効なこともあるので、是非様々な場面で試してみてください。


タイトル メギド72
ジャンル 絶望を希望に変えるRPG
対応OS iOS/Android
推奨環境 iOS8以上 / Android 4.4以上
(RAM2GB 以上) ※一部端末除く
価格 アイテム課金制
今すぐダウンロード